◆ 専用ホットライン: 070-6993-8609

「本当に理解してもらえるのか」

傾聴サービスに申し込んで話ししても、本当に分かってもらえるのか?と心配になる方もおられるようです。

様々な方との傾聴サービスを実施させていただくにあたって、お客様各位と傾聴メンバーそれぞれは違う人間なわけですから、どのようなことでも同感できる経験があるかと言えば、決して、そのようなわけはありません。

傾聴での「共感」とは、話す方のありのまま、感じているように感じ、受け止めることを言います。

ありのままとは、ここに批判や非難はもちろん、評価の感情は入れないということです。そのために自分をその場では横に置く感覚です。

聴き手の「私もこういうことがありました」的な経験の話をぶつけることでもありません。

話す方の尊厳や価値を大事にして積極的な関心を持って、共に感じようとする姿勢です。 そのままを受け止めて「共感」します。

これは「あぁ、わかる。私もそうだった!」という「同感」と似ているように思えるかもしれませんが、異なるものです。

「同感」であれば、自分で経験したようなこととか知っていることなど、自らの範ちゅうにあるものでしか理解はできないことになってしまいます。

そこで傾聴では、「同感」ではなく「共感」を用います。そのままを受け止めながらも同じようにはなっていません。

「共感」とは、違う状況にいる聴き手が、話す方の心情を感じ考えることですが、ボーダレスに同一化するということではありません。

もし、とても不安で混乱している状態の話を聴いたとしても、聴き手が同じようになって混同したり動揺したり憤怒したり・・・などのようになってしまうのでしたら、話す方も心配になってしまいますが、そこは分けられていますのでご安心ください。

あのままま、そのままを受け止めてと言いますと、人としてしてはならないことまで肯定して聴くのかと思えてしまうかもしれませんが、そのようなわけではありません。

ただ辛かった、苦しかった、そのような気持ちを受け止め、話す方の存在を受容させていただきます。

The following two tabs change content below.
●むらた つとむ●

●むらた つとむ●

記事を、お読みいただき、誠に有り難うございます。
【自己紹介ページはコチラ】をご覧ください。 心を込めて傾聴させていただきます。

◆ ほんわか倶楽部の新着記事はメール受信(無料)できます。


関連記事

  1. 心の重荷を下ろして癒やす
  2. 話し相手がほしい

話し相手サービス・ご予約

直通ホットライン: 070-6993-8609

話し相手の一覧

◆ トピックス

  1. 話し相手サービスでストレス解消
  2. 話し相手 LINEにも対応
  3. 話し相手サービス
  4. 悩みはどこから来る?

話し相手サービス・深夜

 

話し相手サービスの創設秘話

◆ 過去記事

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。

話し相手の一覧

 

深夜対応もできる話し相手サービス 

PAGE TOP