◆ ほんわか倶楽部 TOPIX

話し相手 聞いて欲しい

【傾聴メンバー紹介とメッセージ】土川 和夫

初めまして。 紹介ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
お悩みの話し相手・傾聴メンバーの「土川 和夫」(つちかわ かずお)です。現在、60代です。

◆ このようなお悩みを聴いてきました。
  • 漠然とした・・・不安を持たれていらっしゃる方

    例えば、仲間内や知り合いなどから自分について言われたことが、なるほどと思い、頭では理解しているつもりでも、後になって、なぜか漠然とした不安に襲われていらっしゃる方など。
  • 心に何か・・・釈然としない事柄を抱えていらっしゃる方

    例えば、医院で処方されて服用している薬が、効いていると思える反面、医院に行く程でもないが、なぜか気持ちとして釈然としていないなど、どうにも腑に落ちない状態を抱えていらっしゃる方など。
◆ クライアント様に対し、傾聴を通じて・・・

他人に話したくなる時とは、どんな時でしょうか?

そうです、親兄弟や知人には伝えられず、でも、それが何故かも分からないまま塞ぎ込んでしまう・・・。
そんな時、ふと近くにいた「誰か」に愚痴るような感じでつぶやいてしまう・・・。

相槌(あいづち)をされようがされまいが問題ではなく、ただ淡々と自身を吐き出してしまう。
このような経験をお持ちではありませんか?

正に、このような方にご指名をいただきたいと思っています。
私をその「誰か」にしてください。きっと、お役に立てると思います。

そして、不安があればその原因を、また、恐れがあればその対象を、ご一緒に探す旅に出ましょう。

傾聴サービス(1回とは限りませんが)終了後は「話して良かった」、「話して心が落ち着いた」、
こんな気持ちになって頂きたいと思っています。

例え、言葉にならなくても良い気付きを感じて頂けるよう、あなたの心に寄り添わせて頂きます。

私が傾聴させて頂く中での、多少のやり取りの結果、問題点をご自身が気付き、
やがてご自身で問題解決へと進まれることが期待されます。
心を込めて傾聴させていただきます。

お気軽にお声がけください。よろしくお願い致します。

◆ なぜ傾聴メンバーになろうと思ったのか?

傾聴ボランテイアを続けてゆく内に、傾聴を受けている方が対話の中でふと気づきを得て、安堵して、その次の話題に進むことが出来たのが見て取れました。
そのような体験を、ぜひ、多くの方にしてもらいたい、そう思うと同時に、不安な心に寄り添って差し上げたいと感じたからです。

 

◆ 自分自身は、どのような人間なのか?

あまり些細なことには拘らず実直なのですが、結構、グータラなところもあります。
でも、一企業で長年の会社勤めを満了し一定の社会経験を積むことが出来ました。
この体験・経験も活かしたいと思っています。

 

◆ 心理カウンセラーになった、きっかけと今

ところで私事になりますが、心理カウンセラーになりたいと思ったのにはきっかけがあります。
もう、ひと昔以上前になりますが、家族で私の両親の介護をしていた時代がありました。

介護の中身につきましては、別の機会にお伝えさせていただくこともあろうかと存じますが、それが全て終了した後に思ったたことがありました。

一息入れることが出来た頃、あと10年足らずで当時勤務していた会社を定年退職しなくてはいけなくなるので、その次に何か自分なりにやっていける仕事が欲しいと思い、それを漠然と探していました。

両親を介護看護していただいた方達の印象から、それに近い分野で何か社会のお役に立てないかとの思いで探していました。今から心理系大学を受験し直して臨床心理士などへの道は、どうみても時間からも資金面からも現実的ではありませんでした。

ネットなどで色々探しているうちに、全国一斉試験を実施して心理カウンセリングの基礎と実務を学習出来る団体を見つけ、そのスクールのカリキュラムで学習を始めました。

医療・心理・薬学・看護学関係の先生方のお話を聴き学習することが出来て、また、多くの受講生や仲間との交流もさせていただくことが出来ました。

数年後には心理カウンセラーとして、様々な社会参加をさせていただくこととなりました。

私自身のカウンセリング技能を衰退させないためもあり、傾聴ボランティアを現在でも高齢者福祉施設で実行しているのもこのような経緯があったためです。

そこでは傾聴を通じて、利用者様へご自身の気づきを得られるよう応対をさせていただいています。

利用者様のほとんどの方が特にこれと言って悩みや苦痛があるわけではありませんが、傾聴を進めていくと何かが浮かび上がってくることも少なくありません。ご自身のモヤモヤに気付く場面でもあるのです。

ですから、何か気分的に違和感を覚えたら、また、感情のもつれなどがあれば、なおさら、まずはお話を聴かせていただくことから始めさせてください。

話し始めはとっても勇気がいることだと思いますし、支離滅裂になってしまうかも知れませんが、それでも大丈夫です。
じっくりと対応させていただきます。なんでもお話ください。

 

◆ 保有資格

資格:メンタルケア心理専門士®(心理カウンセラー)
認定団体:メンタルケア学術学会&生涯学習開発財団
所属:メンタルケア学術学会 (内閣府特別の機関 日本学術会議協力学術研究団体)
登録:正会員

 

◆ ご存知かも知れませんが、昔の童話にこんなお話がありました

王宮からの依頼で、王様の髪を切りに行った床屋さんがいました。

その人が王様の頭の前に立ち髪を切り始めて気づきました。何と王様の耳はロバの耳でした。

床屋さんは仕事を終えて帰りがてら、気をもんでいました。

先ほど、知ったことは王様の付き人に強く言われたので誰にも話すことが出来ません。

床屋さんは、イライラしてきました。

そこで、とうとう地面に深い穴を掘り、その中へ向かって叫びました。

(王様の耳はロバの耳・王様の耳はロバの耳)そして地面を埋め、戻しました。

やがて、床屋さんはすっきりとして家路に就いたのでした。

いかがでしたでしょうか。これは寓話ですが、社会の中でこんな仕組みがあってもいいと思いませんか。
当てはめてみると、地面が傾聴で、埋め戻していることがカウンセラーにとっての守秘義務に当てはまります。
床屋さんの情報は守られていましたね。傾聴サービスもこんな使い方が出来るのです。

お気軽にお話を聴かせてください。傾聴サービスに申し込もうかどうか迷っていらっしゃる方にお伝えします。
思い立ったが吉日と云われています。あなた様のお話を聴かせてください。
心配は要りません。心よりお待ちしております。

傾聴カウンセラー

 

The following two tabs change content below.
●土川 和夫●

●土川 和夫●

記事を、お読みいただき、誠に有り難うございます。
【自己紹介ページはコチラ】をご覧ください。 心を込めて傾聴させていただきます。
●土川 和夫●

最新記事 by ●土川 和夫● (全て見る)

◆ ほんわか倶楽部の新着記事はメール受信(無料)できます。


関連記事

  1. 話し相手 LINEにも対応
  2. 話し相手サービス(傾聴)カウンセラー
  3. 話し相手 聞いてほしい/ストレス解消
  4. 愚痴聞きサービス
  5. 電話やSkypeでの話し相手サービス

話し相手サービス・ご予約

 

話し相手の一覧

◆ トピックス

  1. さみしい 話を聞いてほしい
  2. 愚痴聞きサービス
  3. Skype 話し相手/ストレス解消
  4. 愚痴聞きサービス・話し相手サービス

話し相手サービス・深夜

 

話し相手サービスの創設秘話

◆ 過去記事

話し相手の一覧

 

深夜対応もできる話し相手サービス 

  • ご予約フォームはコチラ
  • E-Mail: info@honwaka.club
  • ご予約受付専用TEL: 050-5240-0905
    (スマートフォンからは、上記番号をタップで電話がかけられます)。
  • LINEチャット ID: honwakaclub
  • Skypeチャット  ID: live:4afc482599693fb4
  • 24時間受付FAX: 050-3156-7427
PAGE TOP