◆真剣に聴いてほしい方専用・受付: 070-6993-8609

電話での話し相手(傾聴)サービス

心の声 本音の叫び

精神症状の悪化により、入院中の40代半ばの女性がおられます。

彼女には、まだ小学生の娘さんがいますが、ずっと、離れて暮らすことを余儀なくされています。

そんな中、ある日、病院に見舞いに訪れた愛娘を、彼女は抱きしめ、涙ながらに思わず言ったそうです。

彼女
○○ちゃん 会いに来てくれて ありがとう
彼女
・・・でも もう会えるのは 最後かもしれない。。。

 

このことを間接的に聞いた男性からの、沸々とした電話を受けた私でした。
彼は、彼女に好意を寄せています。
以前から私は二人のことを知っていましたので、複雑な経緯と状況を把握していました。

彼いわく・・・

かなり 心の中の状態は悪いみたいで・・・
僕は どうすることも出来ない
落ち込んでしまっていて どうにかしてあげたいが 
面会は身内でも なかなか許可はおりず
主治医の制限が厳しくて出来ない

ということのようです。

もう1年近く、全く連絡不通で退院を待ち望みながら、悩む日々。
やっとのことで、彼女の院内の様子を知ることにこぎつけたのでした。
彼の話の様子から、色々なことが感じられました。

彼女は以前、その彼に・・・

彼女
私のこと 好き?
どこが好き?

と、何度も何度も、くり返し聞いていたことがありました。

しばらく、彼の傾聴をしていて、私の中に浮かび上がり、見えてきた大切なものがありました。
それは、入院中の彼女の、心の声でした。

私の感じたもの・・・ それは、彼女の存在理由と、強い自己否定
本当は・・・

彼女
○○ちゃん(愛娘)と一緒に暮らしたい!
彼女
元気で お母さんらしいことをしたい!
彼女
 私の全てを受け止めて 愛して欲しい!
彼女
 人とのつながりや 社会貢献をしたい!
彼女
 それらが出来ない 自分が許せない!

 

心療内科の通院をしながらも、入院前の元気な頃・・・

彼女は無邪気に笑い、アップテンポな西野カナさんの曲をカラオケで歌っていたり、
娘さんとパンづくりをしたり、資格取得して就職にトライしたり、オシャレをしてイキイキしていました。

心がひどく昏迷している今は、心の奥底で本人すらも感じない程の小さな声で、彼女の心の声は叫び続けているだろうと思うと胸が痛くなります。

残念ながら、私も面会させてもらえませんので、もっと早く、理想と現実のギャップに苦しむ、心の奥底の声に気付いてあげれば良かったと思っています。

また、私が傾聴していた彼は、彼女に何も施せない状況と憤りの中で、電話の最後に・・・

言っても どうにもならんのは分かってるよ
ひとりで抱えきれなくて・・・
 とにかく 今すぐ聴いて欲しかったんだ
 ごめんね ありがとう

 

・・・と、覇気を取り戻した声で話してくれて、私も少し安心しました。

 

問題の解決法や知恵、アドバイスも大事だと思います。
そのこととは別に、話して落ち着くことや、気持ちが前向きになることは、本質的に違うのですね。

わたしの経験からも、周囲の友人 知人からも幾度となく、「心の病」の人と接する側の心のケア、または、老人介護する側の心のケアの相談を、よく受けます。

 

・・・ 疲れた時に聴いてくれる人は、そばにいますか?

心にしっかり寄り添い、傾聴をさせていただくプロフェッショナルでありた いと思い、ほんわか倶楽部に登録させていただいております。

「傾聴」に徹することに、真摯に取り組む私で居続けたいです。
それが、私に出来ることだからです。

The following two tabs change content below.
● 東山 明香里 ●

● 東山 明香里 ●

記事をお読みいただき、ありがとうございます。
【自己紹介ページはコチラ】をご覧ください。 心を込めて傾聴させていただきます。
● 東山 明香里 ●

最新記事 by ● 東山 明香里 ● (全て見る)

◆ ☆彡 新着のダイジェストがメールで届きます(無料) ◆

 

関連記事

  1. 心の重荷を下ろして癒やす
  2. 女性の話し相手
  3. モヤモヤした感覚
  4. 電話やSkypeでの話し相手サービス
  5. 話し相手サービス

【無料】ほんわか倶楽部ダイジェスト

新着記事がメールで届きます^^
 


詳細はこちら

話し相手の一覧

深夜対応もできる話し相手サービス

◆ トピックス

  1. 孤独
  2. 電話やSkypeでの話し相手サービス
PAGE TOP
error: Content is protected !!