◆真剣に聴いてほしい方専用・受付: 070-6993-8609

女性の話し相手

もしかして、モラハラ・・・?

執筆: 傾聴メンバー・松本みさき

良子さんは、35歳の専業主婦です。

3歳年上のご主人と8歳の息子さんがおられて、住宅街にあるキレイな一軒家で暮らしています。

室内は陽当たりがよく、庭ではカラフルな花や自家製のハーブが丁寧に育てられていて、とても素敵です。

まるで、良子さんのお人柄、穏やかで几帳面な性格を感じられるかのようです。

たまに遊びに寄らせてもらっていた友人の私から見ると、仲の良い、幸せそうな家族の典型に見えていました。

話し相手

 

◆ 抱えていた生き辛さ

実は、良子さんは長い間、生き辛さを抱えていたそうです。

良子さんは、ずっと感じて考えていました。

良子さん
自信がなくて ビクビクしてしまう・・・
良子さん
自己肯定感が低く いつも自分を責めてしまう・・・
良子さん
この生き辛さは どこからくるのだろう?

 

◆ そんなある日・・・

良子さんが買い物帰りに、ふらりと立ち寄った本屋さんでのことです。

“ モラルハラスメント “の本に、どうにも目が止まりました。

「モラルハラスメント」という言葉は知ってはいましたが、詳しいことはわからないし、自分には関係がないことだと思っていました。

でも、何故か、その本だけは気にかかってしまい、購入して帰路についたそうです。

家事や育児の合間をぬって少しずつ読んでいくと、だんだんと惹き込まれるような感覚で、気がついたら、すぐに一気に読んでしまっていました。

そこには、まるで、自分のことが書かれているかのようで、大変な衝撃を受けたのです。

読んでいて、とてもパワーを使ったような気もしますが、なんだかエネルギーも得られたような感覚にもなったと言います。

この時、良子さんは自分がモラハラの被害者だということに、初めて気が付いたのです。

良子さんの生き辛さの要因の多くは、ご主人のモラハラからだったのです。

思い返すと、良子さんのご主人は付き合い始めた頃から、価値観の押し付けが強く、支配的な発言が続いていた人でした。

ご主人
お前は いつでも
俺に尽くさなければ ”ならない”

ご主人
そうしてほしい

ご主人
お前は いつも ニコニコして
出しゃばらず 俺に従順ででなければ ”ならない”

ご主人
そうするんだ

ご主人
男は仕事 女は家事をするのが一番いい

ご主人
女が働くなんてありえない

ご主人
絶対 そうに決まっている!

そのようなご主人の言動に、良子さんも最初は違和感を感じたものの、いつしか麻痺してしまっていました。

良子さん
逆らったら 何倍にもなって
あれこれ言われるかもしれない

良子さん
嫌われるかもしれない

良子さん
不機嫌になるかもしれない

・・・などのことを思うと

良子さん
・・・もう いいや。。。

内心で、そう思ってしまい、口をつぐんでしまうようになっていました。

そのうち、心のなかで思うことも、モヤがかかったように見えにくくなり・・・。

そうして良子さんは・・・

良子さん
私が おかしい
私が 悪い
私が 変わらなければ・・

ずっと自分を責め続けることが、心のクセのようになってしまいました。

そのような中、ある日、ふと、良子さんの目を止めた本に出逢ったことが、1つのキッカケとなって、少し開けていったのでしょうか。

良子さん
夫の言動が モラハラだとわかったことで
『私は 私のままで 大丈夫なんだ』と思えるようになり
気が楽になった

と、良子さんは話していました。

 

◆ 一歩・・・

全く気が付かずに、どこかでモンモンとしているだけでは気持ちが良くないばかりか、まったく出口の見えない長いトンネルにいるかのような、そんな感覚になるかもしれません。

気が付けたことから、その発見から、初めて、解決への糸口を考え出す意識が芽生えだします。

気が付けずに溜め込む一方となっていきますと、もしも、自分でも予期しない爆発となってしまったり?したら、取り返しのつかない事態を招いてしまったかも・・・?しれません。

良子さん
夫と話さなければならないことは
山ほどあるけれど
生き辛さからは だいぶ解放された

 

このように話していました。

課題は様々あるとしましても、ただ溜め込む一方の毎日ではなくなっただけで、かなり違います。

気がつけたことから、少しずつ観えてくるもの・・・。

少しでも観えるということは、それだけ、心のゆとりを生み出し始めます。

時には冷静に、一人の人間として、ご主人を観ることができていくかもしれません。

良い悪いだけで責めるのではなく、どうしていけば?という視点で考えられる、キッカケがつかめたことは、光への一歩のように思えます。

モラハラは、” 奥の奥に、隠れた不満 “ から生じることが、よくあります。

言っている本人も、気が付けていない場合が少なくありません。

言動は、” 隠れた不満 ” からの症状のようなものとでも言えるでしょうか。

目先の言葉(症状)よりも、そっと、お互いに心の声をまっすぐに見つめて受け止めてもらえるだけで、少しずつ自浄されていくかのように・・・。

気がついたら、消えてしまっていたというケースもあります。

そのプロセスは、一朝一夕ではないかもしれません。

外部から、その変化の結果だけを観ていると、ガラッと変わったかのように見えるかもしれません。

ですが、暖かく温和な姿の笑顔は、すぐそこにある隣り合わせのものだったりします。

そのためには、まず、心のゆとりを得ることが先です。

 

◆ 実感として気が付けたことは、とても意味があります。

良子さんは、言いました。

良子さん
今まで ずっと一人でモンモンと感じていて
考えたりしていたけど
ずいぶんと 遠回りばかりしていたように思える

良子さん
たまたま 本がキッカケにはなったけれど
その前に 誰かに話をしていたら
もっと早くに 夫のモラハラに気づくことができたかもしれない

良子さん
もしかしたら 私自身が
どこかで 夫の言動はおかしいと思っていて
周りの人に そう思われたくなくて・・・
話せなかったのかもしれない

 

良子さんのお話をお聴きしていて、どう思われるかが心配で、身近な人にこそ話しにくくなることもあるんだな・・・と、しみじみ感じました。

そんな時、身近な人には話しにくいことも、気持ちに寄り添って話を聴いてもらえる場所が「ほんわか倶楽部」です。

あなたの心のゆとりを・・・ 微力ながらでも、少しでも、お手伝いをさせていただければ、と願っております。

※ 本記事の内容は、特定の個人やクライアント様の事例ではありません。
  記載名称は、全て架空のものです。
  ここでは、良子さん(仮名)についてのお話としております。
The following two tabs change content below.
● 松本みさき ●

● 松本みさき ●

記事をお読みいただき、ありがとうございます。
【自己紹介ページはコチラ】をご覧ください。 心を込めて傾聴させていただきます。
● 松本みさき ●

最新記事 by ● 松本みさき ● (全て見る)

◆ ☆彡 新着のダイジェストがメールで届きます(無料) ◆

 

関連記事

  1. 心の解放でメンタルヘルス
  2. 話し相手サービス
  3. 心のカタルシスを愚痴聞きサービスで
  4. 手からこぼれ落ちる砂のように

【無料】ほんわか倶楽部ダイジェスト

新着記事がメールで届きます^^
 


詳細はこちら

◆ トピックス

  1. 普段、どのような場合にフラストレーションがたまりますか?常日頃、どのような方法で、心をリフレッシュしていますか?
  2. 発達障害、メンタル症状
  3. 孤独

ストレス解消・ストレス発散

評判良い話し相手(傾聴)サービス・深夜


在宅求人/カウンセリング


話し相手サービスの創設秘話

◆ 過去記事

話し相手の一覧

深夜対応もできる話し相手サービス

PAGE TOP
error: Content is protected !!